なかよしヤギ一家のECOプロジェクト

なかよしヤギ一家のECOプロジェクト

1,404 円 (税込)

西武池袋線武蔵横手駅にはヤギがいます。彼らの仕事は“草刈り”。機械を使わずヤギに草を食べてもらうことで、CO2の排出を減らすために飼われたのですが、効果はそれだけではなく……。
近所の子どもたちと触れあったり、西武鉄道のイベントに呼ばれて環境保全活動をアピールしたりと大活躍のヤギたちと、それを支える人間との心温まる交流を描きます。

【ここがポイント】
・ヤギの生態や環境保全活動について理解が深まります
・人間とヤギが心を通わせていく様子に心が温まります
・たくさんの写真でヤギの魅力をお伝えします

【編集者コメント】
ヤギと人間の関わりは古く、約1万年前までさかのぼるといわれています。日本でも、一番多いときには66万頭以上も飼育されていたほど、身近な動物として親しまれてきました。そんなヤギに、最近「“草刈り”をしてくれるエコな動物」として再び注目が集まっています。
そら、みどり、だいち、はな。それぞれ見た目も性格も異なるヤギたちと、心を込めて世話をする西武鉄道のスタッフたちの様子を、たくさんの写真と共にお楽しみください。特に子ヤギのかわいらしさは必見です!

【関連商品】
「かかしのじいさん」
「ありがとう、諏訪子さん」
「子ザルのみわちゃんとうり坊」
「おたまじゃくしのたまちゃん」


詳しくはこちら

みんなの友だち、ツガルさん

みんなの友だち、ツガルさん

1,404 円 (税込)

横浜市立野毛山動物園にいるフタコブラクダのツガルさんは、世界最高齢のラクダ。
脚が不自由で、一日のほとんどを寝て過ごしていますが、表情豊かで食欲も旺盛です。悪口を言えば機嫌が悪くなり、時にはいたずらをして飼育員を困らせるという、人間顔負けのユニークなキャラクターで、動物園一の人気者なのです。
ツガルさんの知られざる過去から、現在の生き生きとした日々の暮らしを紹介するノンフィクション。
小学3年生から楽しく読めるはじめてのノンフィクションシリーズ 第1弾です。

詳しくはこちら

コロッケ先生の 情熱!古紙リサイクル授業

コロッケ先生の 情熱!古紙リサイクル授業

1,404 円 (税込)

コロッケ先生こと小六信和さんは、「紙はゴミじゃない!」を合い言葉に、小中学校で古紙リサイクル授業を行っています。
本業は、岡山市で古紙回収業を営む社長さんです。なぜ、古紙のリサイクルに情熱を注いでいるのでしょうか? その人物像に迫るノンフィクションです。

【編集者コメント】
コロッケ先生に実際にお会いして、お話をうかがいました。戦後の貧しい時代に古紙回収業を始めた両親から、「ものを大切にすること」を厳しく教わったというコロッケ先生。その思いを忘れず、「一枚の紙でも焼却炉から救いたい」と活動しています。リサイクル授業は、紙すきの実験あり、クイズありと、もりだくさんです。この本を読んで、コロッケ先生の情熱にふれてください!

【関連商品】
『おいらはケネルキャット サスケ』
『トイプードル警察犬カリンとフーガ』


詳しくはこちら

人の手で育てられたラッコ マナちゃん

人の手で育てられたラッコ マナちゃん

1,404 円 (税込)

福岡県の水族館「マリンワールド海の中道」で、ラッコの赤ちゃんが生まれました。ところが、赤ちゃんは母乳がうまく飲めていないようです。
生後10日目、飼育員たちは、赤ちゃんをお母さんから離し、人工哺育で育てることを決意しました――。
飼育員たちは、ミルク作りや赤ちゃんの体温維持に苦労しながらも、愛情を込めて赤ちゃんを育てていきます。
赤ちゃんが無事に1歳をむかえるまでを、愛らしい写真と共に紹介するノンフィクション。

【ここがポイント】
・ふわふわの赤ちゃんラッコがかわいい!
・ラッコの愛情深い子育ては感動的です
・水族館の飼育員の仕事がわかります

編集者コメント
水族館「マリンワールド海の中道」に取材にうかがった時、飼育員の土井翠さんは「赤ちゃんをお母さんから引き離す時、ほんとうに胸が痛みました」と話してくれました。
ラッコの母親は、本当に大切に赤ちゃんを育てます。弱っている赤ちゃんの命を助けるためとはいえ、母親ラッコから赤ちゃんを引き離すのは、苦渋の決断でした。
その後1年間、母親ラッコに代わって赤ちゃんを大事に育てた飼育員さんたち。水族館からお借りした記録写真には、赤ちゃんをやさしく世話する飼育員さんの「手」がたくさん写っており、あたたかい気持ちになりました。
命が無事に育つということは決して簡単ではありません。動物園や水族館の動物たちの元気な姿の裏には、飼育員さんたちの大変な努力があるということを、本書を通じて、感じていただければうれしいです。

【関連商品】
『ハナゴンドウのノンちゃん』井上こみち・文 松成真理子・絵
『てぶくろ山のポール』井上こみち・文 石井勉・絵
『おかえり! 盲導犬ビーン』井上こみち・文 広野多珂子・絵
『往診は馬に乗って』井上こみち・文 

詳しくはこちら

田んぼに畑に笑顔がいっぱい 喜多方市小学校農業科の挑戦

田んぼに畑に笑顔がいっぱい 喜多方市小学校農業科の挑戦

1,620 円 (税込)

福島の桃源郷にこめた花卉農家の思いとは…

福島県喜多方市では、教育特区の制度を利用して、すべての市立小学校に教科として「農業科」を取り入れました。子どもたちは、農家を営む農業科支援員のもと、米や野菜を作り、収穫をし、調理方法も学びます。なぜ喜多方市は、農業を教育に取り入れたのでしょうか――。また、農業が持つ「人を育てる力」とは? 全国初の試みの軌跡を追います。

【ここがポイント】
他の人の幸福を考える生き方に感動します。
「花」の持つ力を実感できます。
花卉農業を知ることができます。

【編集者コメント】
「農業を小学校の必須科目に」。市長の発案で始まった喜多方市小学校農業科は、当初は教育委員会の担当者も「本当に実現できるのか?」と躊躇したといいます。しかし、地域の農家の協力や、現場の先生たちの努力により、徐々に軌道にのり、市を代表する教育として定着していきました。農業を学ぶことで変わっていく子どもたち自身が、大人を本気にさせたのです。田んぼや畑で笑顔を輝かせ、力強く成長する喜多方の子どもたちの姿をご覧ください。


詳しくはこちら

福島の花さかじいさん

福島の花さかじいさん

1,620 円 (税込)

福島の桃源郷にこめた花卉農家の思いとは…

福島市の「花見山公園」には、春になると、何十万人もの人が訪れます。阿部一郎さんが丹精こめて花を育てた花見山公園は、実は阿部家の敷地内にある私有地です。美しい花々を見たい、という人々の声にこたえ、だれでも自由に花を愛でられるよう、阿部家が無料開放しているのです。一郎さんの、花と人の心をつないだ生き方を紹介します。

【ここがポイント】
他の人の幸福を考える生き方に感動します。
「花」の持つ力を実感できます。
花卉農業を知ることができます。

【編集者コメント】
花見山公園の美しさは、阿部家の営む花卉農業に依るところが大きいようです。枝を切りやすくするため低く密集させて花を咲かせる、日照を考えて重ならないよう花木を植える、収穫時期をずらすため多品種を植えるなど、さまざまな工夫を重ねてきました。本書を読んで、子どもたちが花卉農業の仕事に興味を持ってくれたらうれしいです。

【関連商品】
『ホスピタルクラウン・Kちゃんが行く』
『ぼくの「生きる力」』
『どんどんいけいけ ゆうき号!』
『ツリークライミングはぼくの夢』


詳しくはこちら

私は、看取り士。

私は、看取り士。

1,512 円 (税込)

■目次
はじめに
第1章 仏が現れるとき
(1)一夜で脱皮の女子高生―長そうで短い青春
(2)念ずれば通ず―家族の気持が守った工場
(3)虹のホームラン― 心の中で生きる
(4)円熟のあじわい―「神対応」ならぬ「仏対応」
(5)Aさん夫婦の七年間―花火の夜に
第2章 生きていく知恵
(1)人生一回、夢十回―生きている限り人間現役
(2)つながって生きる―都会の孤独、田舎の限界集落
(3)生きる目的は、生き抜くこと―ダメ元の人生
(4)早めに準備しよう―待つものはすでに掌中に
(5)自分がいちばんわからない―人生はなぜ苦の連続か
(6)追い求めて苦しむ―“いいこと”も、やり過ぎに注意
(7)「修行体験」をしませんか―だれでもできます
(8)もう一つの道―「自我」をそのまま磨く
第3章 手をつなぎ、我が道を行く    
(1)もう変わらなくてもよいために、変わる―ルイ・ヴィトンの法則 
(2)がんばる・のんびり~どっちがホント―楽しいと、よく身につく
(3)業を乗り越える―すでに救われる
(4)生きているかぎり死なない―信じれば救われる
(5)すべてを受け入れる―融け合っている世界
(6)大肯定の生き方―「空」だから、自由 
(7)手放して生きる―結果は気にしない
(8)人生は、遊びである―仕事も遊びです
第4章 付録「子育て・自立・若者」応援メッセージ
 はじめに
(1)”親の心”は、”下心”?―あっという間の子育て時代
(2)親は、子どもが最初に出会う”社会”―子は親と別の人格
(3)学力は、”やる気”―自然の中で五感で学ぶ
(4) 話を聴いてあげよう―話す気もなくなった……
(5)ひきこもりと不登校―愛されていたと気づくとき
(6)急がば回れ―抱く子は育つ
(7)楽しく、清らかであれ―何のためにがんばるのか
(8)夢が人生をつくる―夢と勇気は紙一重
 おわりに

■紹介文
 京都府北部丹後半島の風光明媚な地に建つ古刹住職の法話集である。約20年の教員生活を経て、住職を継いだ著者はご当地久美浜町の名士でもあり、よき悩み事カウンセラーでもある。教員時代に寄せられた生徒の精神的葛藤へのアドバイスや信者さんからの老い・病いへの相談事…高僧名僧の思想や内外の文学等から学んだ名言などをまじえてやさしく語る。
 著者の住職する如意寺は、「関西花の寺二十五か所霊場」の第七番札所。広い境内いっぱいに咲くミツバツツジの季節には、多くの参拝者が観光バスでおとずれる。お不動さんの護摩祈祷のお寺でもある。

■編集者コメント

 第4章「子育て・自立・若者」応援メッセージは、「子育て・自立」などのことで奮闘されている若いお父さんやお母さん、先生方、これから子育てをはじめられる方、また、人生のスタートや青春真っ盛りの若い方々におすすめ。住職自らの子育てに関するエピソードなどは、おおいに参考になります。

■著者プロフィール
京都府生まれ(1948)。高野山真言宗〈宝珠山〉如意寺(にょいじ)住職、高野山真別所円通律寺にて加行(1966)、関西学院大学卒業(1970)、京都府立峰山高等学校勤務〈英語科〉(1970)、京都府立久美浜高等学校勤務(1983)、同退職(1990)、寺務の他、地域づくり活動・全国での講演活動など、NHKラジオ「宗教の時間:花説法二千回」、「FMたんご」講話24回(2017~、CD化)、前高野山真言宗宗会議員。著書に『花寺和尚の心の花が開くとき』(大法輪閣)。如意寺(にょいじ)は、「日切(ひぎり)不動尊」としても知られ、『関西花の寺二十五ヶ所霊場』第七番札所。


詳しくはこちら

給食室のはるちゃん先生

給食室のはるちゃん先生

1,404 円 (税込)

子どもたちから「はるちゃん先生」と呼び慕われている、学校栄養士の関はる子さん。
得意の絵を活かして、栽培や収穫、調理実習だけでなく、難しい栄養の話を紹介するなど、楽しい“食の授業”を40年以上も行ってきました。
「みんな同じように、おいしく栄養のあるものを食べてほしい」という願いをこめた、はるちゃんの給食メニューは大人気で、食べ残しも少なく、給食の時間は子どもたちの笑顔にあふれていました。
学校給食を支える、栄養士の仕事を紹介します。

【ここがポイント】
・給食ができあがるまでがくわしく書かれています
・見た目も栄養も工夫された給食がたくさん出てきます
・Q&Aのコーナーは、楽しいイラストが満載です

【編集者コメント】
関はる子さんは、テレビや雑誌などでも活躍している、日本一有名な学校栄養士です。
近年、重要視され始めた「学校給食」を、40年も前からアピールしてきた人です。家庭の事情を抱える子ども、偏食の子ども、落ち着いて食事がとれない子どもたちがおいしく、楽しく食べられるよう、工夫をこらし、楽しい給食を提供してきました。
学校栄養士の仕事や、調理で起こったトラブルなど、あまり知られていない、給食室の裏話なども書かれています。
本書のQ&Aコーナーでは、行事食や栄養素の話、調理師と栄養士の違いなどを、はるちゃん先生の絵で、楽しく紹介しています。

【関連商品】
「ぼく、歌舞伎やるんだ!~こども歌舞伎に挑戦した、ふつうの小学生の一年~」
「幸せを奏でる私の音楽 小林夏衣・七本の指のハーモニー」
「カババスえん おばけとえんそく」

詳しくはこちら

菌ちゃん野菜をつくろうよ!

菌ちゃん野菜をつくろうよ!

1,404 円 (税込)

菌ちゃんって、なんだろう? ほんとうにいるのかな? 
ある小学校で行われた「菌ちゃん野菜づくり」は、そんな疑問いっぱいで始まりました。菌ちゃんとは、土の中にいる土壌微生物のこと。土に混ぜた生ごみを菌ちゃんが分解し、発酵熱で土がおふろのように温まることに、子どもたちはびっくり。さらに、菌ちゃんがたくさんいる土で育った野菜のおいしさに、またびっくり! 
子どもたちが野菜づくりを通して、目に見えない微生物の存在に気づき、いのちの循環や健康の大切さを感じていくようすを紹介したノンフィクションです。

【編集者コメント】
本書は、長崎県の小学校で行われた、吉田俊道さん(大地といのちの会)による「菌ちゃん野菜づくり」の授業をまとめたものです。
現代の子どもたちの食の乱れを危惧している吉田さんは、野菜づくりの体験が、食を見直す近道だと言います。
実際に土づくりをしてみましたが、土に混ぜた生ごみが消え、土が40度以上に温まると、大人でも感動します。
土壌微生物が土を豊かにし、そこで育った野菜から栄養をいただいているのだということがよくわかります。
ぜひ多くの方に体験していただきたいと思います。巻末には、家庭でも簡単にできる菌ちゃん野菜のつくり方を掲載しました。

【関連商品】
『ホスピタルクラウン・Kちゃんが行く』
『ぼくの「生きる力」』
『どんどんいけいけ ゆうき号!』
『ツリークライミングはぼくの夢』


詳しくはこちら




ページトップへ


  • NEW CD朗読版 こころの眼を開く
    会長先生のご著書『こころの眼を開く』を、朗読版としてCD5枚組にまとめました
  • 25754
    『佼成』(2015年1月号~12月号)掲載の「会長法話」を収録。自らの信仰を確立し、自己啓発を図るためのヒントをシリーズ小冊子に
  • 子どもに学ぶ家庭教育 2016
    特集 「遊び」が伸ばす子どもの能力----思いやり、協調性、創造力など、人間として大切なことを子どもは遊びのなかで身につけます
  • 九星氣学・神宮館
    九星別になりました。高島易断所本部編纂の「運勢暦」と、携帯に便利な「九星便」もこちらから
  • お焼香セット
    お焼香関連のお取り扱いをはじめました。ノンスリップ加工の盆で着席のまま香炉を廻すことができます