おかえり!盲導犬ビーン

HOME >>  こどもの本  >>  よみもの小学3年から

価格

1,430 円 (税込)

備考

作・井上こみち 絵・広野多珂子
A5判 22㎝×16㎝ 96ページ
2011年6月25日発刊
ISBN:978-4-333-02490-2
いのちいきいきシリーズ

( 42036 )

商品説明

リョウタの家族は、盲導犬候補の子犬を一年間ボランティアで育てる「パピーウォーカー」になった。
やんちゃな子犬のビーンとの楽しい一年が過ぎて、ビーンは盲導犬として活躍するようになる。
もう二度と会えないだろうと思っていたリョウタだったが、それから八年後、盲導犬を引退したビーンを、再び家族で受け入れることになった。ビーンはなんと、リョウタの家を覚えていた……!
感動の実話をもとに、パピーウォーカーと盲導犬との絆を描く。

【ここがポイント】
・盲導犬の生涯がよくわかります
・子犬時代のビーンがかわいい!
・最後にホロリときます

【編集者コメント】
この物語には、モデルがあります。
盲導犬のビーンと、札幌市在住の切明さん一家です。
ビーンが引退して切明家に帰ってきた時、八年ぶりにも関わらず、子犬の時にお気に入りだった場所を覚えていて、いちもくさんにそこへ向かったそうです。
子犬の時に愛情いっぱいで育てられたことは、ちゃんとビーンの心に記憶として残っていたのです。
そのお話に感動した作家の井上こみちさんと、画家の広野多珂子さんがビーンに会いに行き、この物語が生まれました。

ページトップへ


  • NEW CD朗読版 こころの眼を開く
    会長先生のご著書『こころの眼を開く』を、朗読版としてCD5枚組にまとめました
  • 25754
    『佼成』(2015年1月号~12月号)掲載の「会長法話」を収録。自らの信仰を確立し、自己啓発を図るためのヒントをシリーズ小冊子に
  • 子どもに学ぶ家庭教育 2016
    特集 「遊び」が伸ばす子どもの能力----思いやり、協調性、創造力など、人間として大切なことを子どもは遊びのなかで身につけます
  • 九星氣学・神宮館
    九星別になりました。高島易断所本部編纂の「運勢暦」と、携帯に便利な「九星便」もこちらから
  • お焼香セット
    お焼香関連のお取り扱いをはじめました。ノンスリップ加工の盆で着席のまま香炉を廻すことができます