よみもの小学3年から

HOME >> こどもの本 >>  よみもの小学3年から

かぐやのかご

かぐやのかご

1,430円(税込)

大きな声で泣きながら学校から帰っていた清香に、竹の束を持ったおばあちゃんが話しかけてきました。おばあちゃんは竹細工の名人でした。魔法のような手さばきで、柔らかく形を変えられていく竹を見るうちに、清香の心は安らいでいきます。清香は学校であったことを語り出しました。友だちの失敗を自分の身にかぶってあげたのです。それを聞いたおばあちゃんは、「トガ負い比丘尼」の話を始めました。繊細で優しい清香。おだやかだけれども芯の通ったおばあちゃん。世代も性質も違う2人に、竹細工のような温かくゆるぎない友情が生まれます。

【ここがポイント】

・異世代の友情を描きます
・美しい竹細工が登場します
・自己犠牲をする勇気が書かれています

【編集者コメント】

「聞き書き」の名手である、作家の塩野米松さん。この作品は、まさに塩野さんでなければ書けないという設定でした。
作品に登場するおばあちゃんは、竹細工職人です。篠竹は細く、ひと目ひと目、丁寧に力強く編んでいかなければなりません。どんなに手練の職人でも、作業の見通しがつくと、思わず安堵の溜息をつく。そんな繊細で根気のいる作業です。70年、不休で作業してきたというおばあちゃん。教室で、男の子たちの心ない言葉に傷ついた清香ですが、ふと、「このおばあちゃんなら大丈夫」と確信します。
清香の心が、だんだんとおばあちゃんへ寄り添っていく、その過程が、この作品の見どころです。
美しい竹細工などの挿し絵は、新鋭の画家・はまのゆかさんが担当しています。
第61回青少年読書感想文全国コンクール 小学校中学年の部 課題図書

詳しくはこちら

たまたまタヌキ

たまたまタヌキ

1,430円(税込)

さまざまなものにばけてきたタヌキは、ふと思った。「おれは、まことにタヌキであろうか」。そんなタヌキの前に現れたカラスは何事もないように言った。「おまえは今、たまたまタヌキなだけだ」。なんと……。おれは、たまたまタヌキなのか……。
絵詞(えことば)作家とシュールな画家がタッグを組んだ、ナンセンス哲学絵本。

【編集者コメント】
高畠さんのために内田さんが書き下ろした作品です。タヌキが自分の本当の姿を知るために前身をたどっていくのですが、それらは意表を突くものばかり! 
そして、たどり着いたタヌキの「本当の自分」とは、一体、何なのでしょうか? 腰が抜けるほどの「驚きの結末」です!!。

詳しくはこちら

クイズでさがそう! 生きものたちのわすれもの ③水辺

クイズでさがそう! 生きものたちのわすれもの ③水辺

2,808円(税込)

足跡や卵、ふん、巣などから、どんな生き物の忘れ物かを探検するシリーズの第3弾。
水辺で見つかる忘れ物を通して、その忘れ物の「主」である動物や鳥、爬虫類、両生類の生態やそれらを取り巻く自然環境を、自ら楽しく学べます。
監修は、上野動物園元園長の小宮輝之氏。写真満載で自由研究の題材として最適です。

【編集者コメント】
「だれの忘れ物かな?」 写真を見て推測し、次のページを開くと、忘れ物の「主」とその生き物の情報が掲載されているQ&A形式、コラムも充実のシリーズです。
巻末に、川、池、海、用水路、田んぼなどの水辺の特徴をまとめています。実物大・生き物の「あしたく(足の拓本)」付き。

詳しくはこちら

3びきのお医者さん

3びきのお医者さん

1,430円(税込)

森の中に建てられた、赤い屋根の小さな家。そこに、「水田マリさん」という上品なおばあさんが引っ越してきました。最近、耳が遠くなって困っていたマリさんが、森へ散歩に出かけると、そこには「ウサギ医院」という病院が……。中をのぞいてみると、ウサギのお医者さんがバーベルを持ち上げているではありませんか!
児童文学作家であり、ストーリーテラーである著者ならではの、上質な笑いが楽しめる物語です。

【編集者コメント】
物語の最初に登場する、かわいらしいおばあさんの名前が「水田マリ」(みずたまり)。『3びきのお医者さん』というタイトルはもちろん『3びきのこぶた』のパロディです。大真面目に冗談を言う、これぞ杉山節! でも動物たちが、お医者さんになった理由には、涙なしには語れない事情があって……。冗談だけではなく、やっぱり大真面目な、杉山亮先生ならではの物語の世界を、どうぞお楽しみください。

詳しくはこちら

ヤマネの森を見あげてごらん

ヤマネの森を見あげてごらん

1,470円(税込)

ヤマネは、一年の半分を眠って過ごすことで、5000万年も前から生き抜いてきたのです。
清里の「やまねミュージアム」館長が、その生態と保護の方法を楽しく紹介します。
冬眠や子育ての様子など、貴重な写真も多く掲載。

詳しくはこちら

ガンのわたりをまもる

ガンのわたりをまもる

1,470円(税込)

ガンは毎年秋、ロシアから日本へ4000キロを渡ってきます。
危険の多い渡りを見守っているのは、日本各地にいる「ガンの里親」たち。
里親制度によるユニークな保護活動と、家族の絆の強いガンの生態を紹介します。

詳しくはこちら

ホタルの光る川

ホタルの光る川

1,470円(税込)

愛知県岡崎市の鳥川は、初夏に舞うゲンジボタルで有名です。ホタルを守っているのは、全校生徒11人の鳥川小学校。給食の残りでホタルのえさの巻貝を育てたり、川を掃除したり……。子どもたちの一年を紹介します。

詳しくはこちら

クビワコウモリをまもる家

クビワコウモリをまもる家

1,470円(税込)

乗鞍高原に、すみかを追われたコウモリの人工巣「バットハウス」が建っています。
絶滅の危機にあるコウモリを守ろうと奮闘する人々の活動と、驚きに満ちたコウモリの生態を紹介する、ノンフィクションコマ割絵本。

詳しくはこちら

ぼくの小学校はメダカの学校

ぼくの小学校はメダカの学校

1,470円(税込)

神奈川県藤沢市では、絶滅寸前の「藤沢メダカ」を守ろうと、子どもたちが学校でメダカを育てています。
小さなメダカに出会って大きく成長する子どもたちを描き、自然の大切さを訴える、ノンフィクションコマ割絵本。

詳しくはこちら

カブトガニ 古代から未来へ

カブトガニ 古代から未来へ

1,470円(税込)

「カブトガニって宇宙船みたいでかっこいい!」2億年前からいのちをつなぐ“生きている化石”に出会った男の子が、その謎に迫る旅に出かけます。
不思議な生態や保護活動を紹介する、ノンフィクションコマ割絵本。

詳しくはこちら

前へ 

2/9

 次へ

ページトップへ

防災グッズ