えほん0~2さい

HOME >> こどもの本 >>  えほん0~2さい

おいしゃさん

おいしゃさん

990円(税込)

「ちょっとチクッとしますよ」。
ぬいぐるみのデュデュを患者さんにして、お医者さんになったアポリーヌちゃん。
最後にしたとっておきの手当ては、どんなお薬よりも効くものでした……。

詳しくはこちら

ひとりできれるよ

ひとりできれるよ

990円(税込)

「デュデュ、みててよ。きょうは、あたしね、ひとりできがえるんだ」。ぬいぐるみのデュデュを前に、おきがえに大苦戦のアポリーヌちゃん。服を着て、ブーツをはいて、でも、なーんか物足りないな……。

詳しくはこちら

おひるね

おひるね

990円(税込)

「あたし、おひるねなんか、ぜったいしたくない!」。ベッドを抜け出して、親友のぬいぐるみ・デュデュと遊びにいこうとしたアポリーヌちゃんですが、ドアのノブに手が届きません。そこで、目に入ったのが……。

詳しくはこちら

ピヨピヨスーパーマーケット

ピヨピヨスーパーマーケット

1,430円(税込)

ママとスーパーへお買い物。プリンにチョコレート……、みんなの頭の中は、ほしいお菓子でいーっぱい。
なのに、お母さんたら「だめだめ!」って、いうんだもん。5羽のキュートなヒヨコたちの楽しい一日! 『ピヨピヨ』シリーズ第一弾です。

この絵本を著者・工藤ノリコさんのメッセージをご紹介いたします。

魅惑のお菓子売り場 工藤ノリコ
スーパーマーケットといえば、何を思い浮かべるでしょう。
色とりどりの野菜や果物、品数豊富な精肉・鮮魚、卵に牛乳、お豆腐、納豆、そしてお値段はお手頃かな…?
すでに大人の仲間入りをしている私にはこんなことなどに興味があります。
でも子ども時代には、そんなことなど全くどうでもよいことでした。

スーパーマーケットに連れて行ってもらう(『行く』ではなく)ということが意味するのはただひとつ、そこにはおいしいものが売っている、ということです。
これとは別に、おのおの十円~三十円ずつもらって我々姉弟だけで歩いて買いに行ってもよいとされていた駄菓子屋さんも、近所に二軒もありました。
しかしスーパーマーケットへ連れて行ってもらうとなると話は大きく違います。
 何故なら『お菓子以外のおいしいもの』も、目移りするほどたっぷり揃っている所、それがスーパーマーケットだからです。
フルーツゼリーや四角いプリン(どちらも徳用三連タイプ、三人姉弟の私たちにちょうどぴったり! 
でも時々は、一個売りの高級百円プリンを一人ずつ食べてみたいと憧れた)、お砂糖がけの甘い菓子パン、切り分けてお皿にのせてもらうとまるででんでん虫のようなロールケーキ、小さなフタのついた乳酸飲料などなど…。

しかし、何より一番重要で、且つ最大の関心事は『果たして今日はお母さんに何を買ってもらえるのか』、この一点に尽きます。
うまく第一希望が通るだろうか? 涙をのんで第二、第三…イヤ、最悪の場合、大人の味の海苔巻きせんべいを三人で一袋、なんて事も…。
こうしてお菓子売り場において日々繰り広げられる母子の葛藤。
たまに、号泣しつつ転げ回って全身で懸命にアピールしている人を見かけると、二人の弟たちの幼かった日々を懐かしく思い出すのです。

いや、自分の姿か…?

(日本児童図書出版協会発行「こどもの本」2004年5月号掲載)

詳しくはこちら

ピヨピヨもりのゆうえんち

ピヨピヨもりのゆうえんち

1,430円(税込)

『ピヨピヨ』シリーズの第3弾。お弁当を持って、車に乗って、家族全員でしゅっぱーつ! 着いたのは、もりのゆうえんち。ツリージェットにクルクルきのこ、どれから乗ろうか、迷っちゃう……。ワアー! キャアー! めがまわる! 思いっきり遊んだら、みんなでお弁当タイム。モグモグ、ピヨピヨ、わあ おいしい! ゆうえんちで過ごすヒヨコ一家の楽しい一日を描きます。

【ここがポイント】
・ヒヨコたちがとにかくかわいい!
・絵探しの楽しさがいっぱい!
・家族のあたたかさがいっぱいつまっています

【編集者コメント】
今回は、ピヨピヨ一家が遠出をします。
お父さんの運転する車は、なんと、スポーツカーです! 
遊園地のアトラクションはどれも可愛らしくて、工藤ノリコさんならではのアイデアがいっぱい。今まで登場してきたお友だちや、今回初登場のお友だちなどを探しながら読むのも楽しいと思います。
また、気球に乗って、空から見下ろすシーンは、誰がどこにいるのか、遊園地をどういうコースで回っているのかなど、本当に細やかに描いてくださっています。
今回もみなさんの期待どおりの楽しい作品になっていると思いますので、ぜひ読んでみてくださいね!

詳しくはこちら

ピヨピヨメリークリスマス

ピヨピヨメリークリスマス

1,430円(税込)

待ちに待ったクリスマス。ヒヨコたちは「サンタさん、きてください」と、心配でたまりません。
ツリーの飾りつけに手作りのケーキ、そしてプレゼントは? 
ささやかでも、温もりあふれるピヨピヨ一家のステキな一日!
大人気の『ピヨピヨ』シリーズ第二弾。

詳しくはこちら

ピヨピヨ ハッピーバースデー

ピヨピヨ ハッピーバースデー

1,430円(税込)

『ピヨピヨ』シリーズの第4弾。
ケーキを買って、プレゼントは何かな……? 
家族でお祝いする、あたたかな誕生日の1日を描きます。
両親の愛情に包まれて、のびのびと成長するピヨピヨたち。
ハッピ バースデー トゥー ユー、ハッピ バースデー トゥー ユー
「おとうさん、おかあさん、ありがとう!
ぼくたち ぐんぐん おおきくなろう!」
幸福感あふれる1冊です。

【ここがポイント】
・ヒヨコたちがとにかくかわいい!
・細かく描きこんだシーンは何度読んでも楽しい!
・家族のあたたかさがいっぱいつまっています

【編集者コメント】
ピヨピヨたちのお誕生日を描いた、シリーズ第4弾。
大好評をいただいております、『ピヨピヨスーパーマーケット』以上に細かく描きこまれた、洋菓子屋さんとおもちゃ屋さんのシーンは、何度読んでもいろいろな発見があって、楽しいですよ! 
もちろん、毎回登場するお友だちとその家族も健在です。
お父さんとお母さんにあたたかく見守られて、すくすくと大きくなるピヨピヨたちの姿は、読む人を幸福感で満たしてくれます。
こんなあったかーい誕生日、みなさんも過ごしてみませんか?

詳しくはこちら

でんぐり でんぐり でんぐりこ

でんぐり でんぐり でんぐりこ

1,404円(税込)

>>>ヒデ子さんのうたあそびえほんシリーズ 第7弾。
ねこやいぬ、おすもうさんに、やかんだってなべだって、でんぐりこ! 
「でんぐり でんぐり でんぐりこ、おばあちゃんも でんぐりこ!」
「わたしは だめだめ できないよ~」
そう言っていたおばあちゃんですが、さあ、でんぐりこ、するのかな……?
ぐるん、ぐるん!と、みんなの楽しそうな姿に、おもわずでんぐり返ししたくなってしまう絵本です。

【ここがポイント】
・読み聞かせに最適です
・心地よいリズムで展開していく遊び歌です
・親子のコミュニケーションが楽しくとれます

【編集者コメント】
「でんぐりこ」するには、とっても難しい形をしたおなべややかんまでもが、頑張って練習したら、でんぐりこできちゃった! 
「くりん くりん」と、でんぐりこができるようになったら楽しくて仕方ない! 
そんな気持ちが伝わってきます。
山口マオさんが描くかわいいキャラクターが絵本の世界をもりあげてくれます。

詳しくはこちら

しっこっこのこけこっこ

しっこっこのこけこっこ

1,404円(税込)

ヒデ子さんのうたあそびえほんシリーズ第2弾。
♪しぃー こっこ しっこっこ こっこの にわとり こけこっこ♪
おしっこにいきたいのに、がまんしてたら、ニワトリさんが出てきて……。
トイレにいくのが楽しくなっちゃう、ゆかいな絵本です。

>>>ヒデ子さんのうたあそびえほんシリーズ

詳しくはこちら

おしり しりしり

おしり しりしり

1,430円(税込)

ヒデ子さんのうたあそびえほんシリーズ第1弾。
♪おしり しりしり しりとりすきで おしり しりしり しりとりあそび♪ 
「おしり」で始まったしりとりは、どこへ行き着くのでしょう……? 
親子で踊り出しちゃうほど、楽しい絵本です。

>>>ヒデ子さんのうたあそびえほんシリーズ

詳しくはこちら

 

1/3

 次へ

ページトップへ

防災グッズ