シガーラの長い旅 六波羅蜜たとえ話

HOME >>  こどもの本  >>  よみもの小学3年から

価格

1,000 円 (税込)

備考

作・本間正樹/絵・くすはら順子
※3月10日より順次発送いたします。
22㎝×16㎝ 96ページ
A5判並製
2011年3月10日発刊

( 42019 )

商品説明

布施、持戒、忍辱、精進、禅定、智慧――。
六波羅蜜の六つの修行(実践)を、シガーラというひとりの少年の旅を通して、わかりやすく伝える創作読み物です。
シガーラは長者のひとり息子。ある日、世の中のいろいろなことを見てみたいと、旅に出る決意をします。長者は、シガーラに「皮ぶくろに入った水」と「じょうぶなくつ」を手わたし、シガーラを送り出しますが……。
この作品では、六波羅蜜それぞれの修行について、ひとつずつ、シガーラが旅で経験したことを通して、学んでゆきます。
シガーラがそこで何を経験し、それによって何を得たのか、丁寧な解説もついています。
自分がシガーラになったつもりで楽しく読んでくださいね。
また、「慈悲喜捨(四無量心)」をテーマにした 『でんでら山の泉~慈悲喜捨たとえ話~』 もぜひ読んでみてください。

【ここがポイント】
・六波羅蜜の教えがわかりやすく表現されています
・それぞれの章に解説つき
・墨をにじませたようなやわらかい絵が魅力的です

【編集者コメント】
この作品を執筆された本間正樹さんに、この作品の依頼をさせていただいたときのこと。
本間さんは、私の依頼内容を聞くと、「ものすごいプレッシャーだなあ」と、笑っておられました。
それもそのはず、「六波羅蜜を小学校中学年くらいの子が理解できように」「あくまでも創作で」「文章量はこのくらいで」と、ざっくりな依頼をした私自身、説明しながら、「これは、かなり難しいだろうな……」と感じていたのですから(笑)。
でも、それは杞憂でした。本間さんの原稿は素晴らしくて、六波羅蜜のことがとてもわかりやすく表現されていました。
ぜひ、シガーラになりきって、自分自身が旅をしているような気持ちで読んでみてくださいね!
【関連商品】
『おしゃかさま』
『おしゃかさま物語』
『でんでら山の泉~慈悲喜捨たとえ話~』

ページトップへ


  • NEW CD朗読版 こころの眼を開く
    会長先生のご著書『こころの眼を開く』を、朗読版としてCD5枚組にまとめました
  • 25754
    『佼成』(2015年1月号~12月号)掲載の「会長法話」を収録。自らの信仰を確立し、自己啓発を図るためのヒントをシリーズ小冊子に
  • 子どもに学ぶ家庭教育 2016
    特集 「遊び」が伸ばす子どもの能力----思いやり、協調性、創造力など、人間として大切なことを子どもは遊びのなかで身につけます
  • 九星氣学・神宮館
    九星別になりました。高島易断所本部編纂の「運勢暦」と、携帯に便利な「九星便」もこちらから
  • お焼香セット
    お焼香関連のお取り扱いをはじめました。ノンスリップ加工の盆で着席のまま香炉を廻すことができます