よみもの小学3年から

HOME >> こどもの本 >>  よみもの小学3年から

おしゃかさま物語

おしゃかさま物語

1,000円(税込)

今から二千五百年ほど前、北インドの小さな国に、王子が生まれました。名前はシッダールタ、のちのおしゃかさまです。シッダールタは成長すると、人々を苦しみから救うために出家し、ついに悟りを開いてブッダ(真理に目覚めた人)となったのです。
心から人々の幸せを願って、布教伝道に歩かれたおしゃかさまの生涯がわかる物語。
少年部員さんや新入会員さんに、ぜひ読んでいただきたい一冊です。

【関連商品】
『おしゃかさま』
『でんでら山の泉~慈悲喜捨たとえ話~』
『シガーラの長い旅 六波羅蜜たとえ話』

詳しくはこちら

でんでら山の泉~慈悲喜捨たとえ話~

でんでら山の泉~慈悲喜捨たとえ話~

1,000円(税込)

でんでら山の東のふもとに、りつという名の心やさしいむすめが住んでいました。
ある日、りつは、不思議なおばあさんと出会い、でんでら山の泉へとみちびかれていきますが──。
泉との出会いを通して、慈じ悲ひ喜き捨しゃの心をわかりやすく伝えます。
昨年発刊して以来、大好評をいただいております 『シガーラの長い旅─六波羅蜜たとえ話─』に引き続き、本書は「慈悲喜捨(四無量心)」をテーマにした読み物です。
お子さまはもちろん、大人の方が読まれても、おしゃかさまの教えがよく理解できる内容になっています。

【関連商品】
『おしゃかさま』
『おしゃかさま物語』
『シガーラの長い旅 六波羅蜜たとえ話』

詳しくはこちら

シガーラの長い旅 六波羅蜜たとえ話

シガーラの長い旅 六波羅蜜たとえ話

1,000円(税込)

布施、持戒、忍辱、精進、禅定、智慧――。
六波羅蜜の六つの修行(実践)を、シガーラというひとりの少年の旅を通して、わかりやすく伝える創作読み物です。
シガーラは長者のひとり息子。ある日、世の中のいろいろなことを見てみたいと、旅に出る決意をします。長者は、シガーラに「皮ぶくろに入った水」と「じょうぶなくつ」を手わたし、シガーラを送り出しますが……。
この作品では、六波羅蜜それぞれの修行について、ひとつずつ、シガーラが旅で経験したことを通して、学んでゆきます。
シガーラがそこで何を経験し、それによって何を得たのか、丁寧な解説もついています。
自分がシガーラになったつもりで楽しく読んでくださいね。
また、「慈悲喜捨(四無量心)」をテーマにした 『でんでら山の泉~慈悲喜捨たとえ話~』 もぜひ読んでみてください。

【ここがポイント】
・六波羅蜜の教えがわかりやすく表現されています
・それぞれの章に解説つき
・墨をにじませたようなやわらかい絵が魅力的です

【編集者コメント】
この作品を執筆された本間正樹さんに、この作品の依頼をさせていただいたときのこと。
本間さんは、私の依頼内容を聞くと、「ものすごいプレッシャーだなあ」と、笑っておられました。
それもそのはず、「六波羅蜜を小学校中学年くらいの子が理解できように」「あくまでも創作で」「文章量はこのくらいで」と、ざっくりな依頼をした私自身、説明しながら、「これは、かなり難しいだろうな……」と感じていたのですから(笑)。
でも、それは杞憂でした。本間さんの原稿は素晴らしくて、六波羅蜜のことがとてもわかりやすく表現されていました。
ぜひ、シガーラになりきって、自分自身が旅をしているような気持ちで読んでみてくださいね!
【関連商品】
『おしゃかさま』
『おしゃかさま物語』
『でんでら山の泉~慈悲喜捨たとえ話~』

詳しくはこちら

たまたまタヌキ

たまたまタヌキ

1,404円(税込)

さまざまなものにばけてきたタヌキは、ふと思った。「おれは、まことにタヌキであろうか」。そんなタヌキの前に現れたカラスは何事もないように言った。「おまえは今、たまたまタヌキなだけだ」。なんと……。おれは、たまたまタヌキなのか……。
絵詞(えことば)作家とシュールな画家がタッグを組んだ、ナンセンス哲学絵本。

【編集者コメント】
高畠さんのために内田さんが書き下ろした作品です。タヌキが自分の本当の姿を知るために前身をたどっていくのですが、それらは意表を突くものばかり! 
そして、たどり着いたタヌキの「本当の自分」とは、一体、何なのでしょうか? 腰が抜けるほどの「驚きの結末」です!!。

詳しくはこちら

クイズでさがそう! 生きものたちのわすれもの ③水辺

クイズでさがそう! 生きものたちのわすれもの ③水辺

2,808円(税込)

足跡や卵、ふん、巣などから、どんな生き物の忘れ物かを探検するシリーズの第3弾。
水辺で見つかる忘れ物を通して、その忘れ物の「主」である動物や鳥、爬虫類、両生類の生態やそれらを取り巻く自然環境を、自ら楽しく学べます。
監修は、上野動物園元園長の小宮輝之氏。写真満載で自由研究の題材として最適です。

【編集者コメント】
「だれの忘れ物かな?」 写真を見て推測し、次のページを開くと、忘れ物の「主」とその生き物の情報が掲載されているQ&A形式、コラムも充実のシリーズです。
巻末に、川、池、海、用水路、田んぼなどの水辺の特徴をまとめています。実物大・生き物の「あしたく(足の拓本)」付き。

詳しくはこちら

クイズでさがそう! 生きものたちのわすれもの ②森

クイズでさがそう! 生きものたちのわすれもの ②森

2,808円(税込)

足跡や食べ跡、ふん、巣などから、どんな生き物の忘れ物かを探検するシリーズの第2弾。
森の中で見つかる忘れ物を通して、その忘れ物の「主」である動物や鳥などの生態やそれらを取り巻く自然環境を、自ら楽しく学べます。
監修は、上野動物園元園長の小宮輝之氏。写真満載で自由研究の題材として最適です。

【編集者コメント】
「だれの忘れ物かな?」 写真を見て推測し、次のページを開くと、忘れ物の「主」とその生き物の情報が掲載されているQ&A形式、コラムも充実のシリーズです。
巻末に、「忘れ物」を探しに行く時の服装や持ち物、注意点を紹介しています。第3弾「水辺」と続きます。実物大・生き物の「あしたく(足の拓本)」付き。

詳しくはこちら

クイズでさがそう! 生きものたちのわすれもの ①まち

クイズでさがそう! 生きものたちのわすれもの ①まち

2,808円(税込)

足跡や食べ跡、ふんなどから、どんな生き物の忘れ物かを探検するシリーズの第1弾。
町の中で見つかる忘れ物を通して、その忘れ物の「主」である昆虫や動物、鳥などの生態やそれらを取り巻く自然環境を、自ら楽しく学べます。
写真満載で自由研究の題材として最適です。

【編集者コメント】
「だれの忘れ物かな?」 写真を見て推測し、次のページを開くと、忘れ物の「主」とその生き物情報が掲載されているQ&A形式、コラムも充実のシリーズです。
町で見られる身近な生き物がたくさん登場するので、この本を持って「忘れ物」を探しに行きたくなります。
第2弾「森」、第3弾「水辺」と続きます。実物大・生き物の「あしたく(足の拓本)」付き。


詳しくはこちら

せんせい

せんせい

1,512円(税込)

大好きな担任のしのぶ先生が、突然盲目に。
こずえが献身的に世話をするうちに、先生も心を開き、ふたりの絆は深まっていきます。
しかし、戦況はますます悪化し……。
戦時下の子どもたちを力強く描いた感動読み物。

詳しくはこちら

蒼とイルカと彫刻家

蒼とイルカと彫刻家

1,404円(税込)

小学校一年の夏にプールで溺れそうになったときに、プールの底でイルカの目を見た蒼。それ以来、蒼の心の中に一頭のイルカがすみ始めた。イルカはいつも蒼の心に静かによりそっていたが、不思議な森の中でしずくの形をした置物を見てから自分の意思で動きだして……。自分の本当の居場所を追究し、彫刻家との出会いを通して成長する少年・蒼のひと夏を爽やかに描いた感動作。

【編集者コメント】
この作品は、作者の長崎夏海さんが、水の彫刻家・薬師寺一彦氏の体験、作品からイメージを膨らませ、自分と向き合い、成長していく少年・蒼のひと夏の物語として書き上げたた感動作です。
海を愛し、感謝している長崎さんならではのメッセージが、読後、清々しく胸に響きます。
長崎さんとの黄金コンビである画家・佐藤真紀子さんが、水の表情や躍動感あふれるイルカ、少年たちの心の機微を豊かな筆致で描いてくださいました。

詳しくはこちら

脱走ペンギンを追いかけて

脱走ペンギンを追いかけて

1,404円(税込)

ある日、広太がテレビを見ていると、近所の水族館からペンギンが脱走したニュースが流れてきました。小笠原から引っ越してきたばかりで、まだ東京の暮らしに馴染めていなかった広太は、水族館から逃げ出したペンギンに自分を重ね合わせます。次の日から一人でペンギン探しを始める広太でしたが、あることをきっかけにペンギン好きの仲間が見つかり……。

【ここがポイント】
・主人公の心の成長が描かれています
・フンボルトペンギンの生態や進化の歴史を学ぶことができます
・さわやかな読後感があります

【編集者コメント】
「脱走ペンギン、野生生活でマッチョ化していた!」。2012年に報道された、この印象的なニュースをご記憶されていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。82日間の野生生活を経て、捕獲時には胸筋が発達していたという一匹のフンボルトペンギン。本作では、このニュースを土台にして、山本省三さんに男の子の成長物語を描いていただきました。
ペンギンはどうして水族館から逃げ出したのか……。主人公の広太は、周りから孤立する自分と脱走ペンギンとを重ね合わせながら、家族や友だちとの向き合い方について思いを巡らせます。胸筋が発達したペンギンと同じように、果たして広太も逞しく成長することができるのでしょうか……?
日常に潜むファンタジーを魅力的に描き出すマンガ家・コマツシンヤさんによる、細やかで温かみのある挿絵にもご注目ください。

詳しくはこちら

 

1/7

 次へ

ページトップへ


  • NEW CD朗読版 こころの眼を開く
    会長先生のご著書『こころの眼を開く』を、朗読版としてCD5枚組にまとめました
  • 25754
    『佼成』(2015年1月号~12月号)掲載の「会長法話」を収録。自らの信仰を確立し、自己啓発を図るためのヒントをシリーズ小冊子に
  • 子どもに学ぶ家庭教育 2016
    特集 「遊び」が伸ばす子どもの能力----思いやり、協調性、創造力など、人間として大切なことを子どもは遊びのなかで身につけます
  • 九星氣学・神宮館
    九星別になりました。高島易断所本部編纂の「運勢暦」と、携帯に便利な「九星便」もこちらから
  • お焼香セット
    お焼香関連のお取り扱いをはじめました。ノンスリップ加工の盆で着席のまま香炉を廻すことができます