新アジア仏教史

HOME >> 書籍 >>  新アジア仏教史

新アジア仏教史 15巻セット

新アジア仏教史 15巻セット

63,000円(税込)

Ⅰ.最新の学問・研究成果を盛り込み、新視点から仏教史をひも解く。
  仏教は仏教だけを学んでは得られない。
  仏教周辺からのアプローチも必見。
  過去の文献学から解き放たれた、学際的な協同研究の成果が今ここに。

Ⅱ.地域別、テーマ別に全体を構成。
  時系列的ではない、テーマ設定を重視した全体構成。
  各章、読み切りで興味のある分野から読み始めることができる。

Ⅲ.仏教文化のDNA(遺伝子)を読み解く。
  文学・美術・建築・習俗など幅広く民衆に浸透していった仏教。
  その浸透力の源泉はどこにあるのかを解き明かす。

Ⅳ.理解を深めるための写真やイラストもふんだん。
  美術・芸術写真はもとより、地図、表などを多数盛り込み、仏教用語の
  難解語にはルビを入れ、学生や一般の方にも読みやすい。

Ⅴ.執筆陣は時代を担う研究者多数。
  二百余人の執筆陣の中で、主に各章執筆を担当するのは気鋭の学者陣。
  編集委員、編集協力は第一線で活躍するエキスパート。

詳しくはこちら

新アジア仏教史2 インドⅡ 仏教の形成と展開

新アジア仏教史2 インドⅡ 仏教の形成と展開

4,320円(税込)

インド仏教について経典などの文献資料を根拠としながら、①原始仏教の時代、②部派仏教の成立まで、③大乗仏教の成立、④密教の成立という四区分法にしたがって見ていきます。教団形成からその後の分派・展開まで詳しく解説しています。加えて、13世紀初頭のインドでほとんど姿を消した仏教が、近代になって再受容されていく過程を探ります。
 また、特に考古学的遺品、美術品、建築物等の文献外資料については、写真を対応させながら考察しています。

編著者プロフィル
奈良康明(なら やすあき)
1929年、千葉県生まれ。駒澤大学名誉教授。1953年、東京大学文学部卒業。1956年、カルカッタ大学留学。1961年、駒澤大学講師、のち助教授、教授。1994年、駒澤大学学長、のち同大学総長。文学博士。前法清寺住職。主著に『仏教と人間』『仏教史Ⅰ―インド・東南アジア』など。

下田正弘(しもだ まさひろ)
1957年、福岡県生まれ。東京大学文学部卒業、同大学院人文科学研究科博士課程単位取得退学。インド・デリー大学大学院留学。博士(文学)(東京大学)。日本学術振興会特別研究員、東京大学文学部助教授を経て、東京大学大学院教授。専攻はインド仏教学。主著に『涅槃経の研究』。
・カラー写真などの図版を収録。ビジュアル的にブッダの世界を示す
・インド仏教の全体像を歴史的にとらえ、平易な言葉で解説した一冊
・研究成果の粋を凝らした6編のコラム

本シリーズの導入の役割をも担った巻です。仏教研究そのものにも光をあてています。

詳しくはこちら

新アジア仏教史1 インドⅠ 仏教出現の背景

新アジア仏教史1 インドⅠ 仏教出現の背景

4,320円(税込)

仏教を成立、発展させた基盤はインド亜大陸にある。古来より多種多様の民族が移動し、ヒンドゥー文化を形成しながら、そこから生まれてきた仏教。古代の歴史と社会、宗教の起源、儀礼と文化などの諸相に着眼しながら、仏教が世界史上に出現した背景を考察する。

編著者プロフィール

奈良康明(なら やすあき)
1929年、千葉県生まれ。駒澤大学名誉教授。1953年、東京大学文学部卒業。1956年、カルカッタ大学留学。1961年、駒澤大学講師、のち助教授、教授。1994年、駒澤大学学長、のち同大学総長。文学博士。前法清寺住職。主著に『仏教と人間』『仏教史Ⅰ―インド・東南アジア』など。

下田正弘(しもだ まさひろ)
1957年、福岡県生まれ。東京大学文学部卒業、同大学院人文科学研究科博士課程単位取得退学。インド・デリー大学大学院留学。博士(文学)(東京大学)。日本学術振興会特別研究員、東京大学文学部助教授を経て、東京大学大学院教授。専攻はインド仏教学。主著に『涅槃経の研究』。
・ヒンドゥー、イスラームなど多様な宗教の視点から“仏教出現”の背景を論じる
・カラー写真などの図版を収録。ビジュアル的にインドの宗教世界を理解できる
・なぜ仏教は誕生するに至ったのか。歴史的な根源を深く掘り下げた一冊
仏教を生み育てた古代インドの社会と宗教、文化について、ヒンドゥー教世界の視点はもとより、イスラームとのかかわりも含めた新しい視点から叙述する。

詳しくはこちら

新アジア仏教史3 インドⅢ 仏典から見た仏教世界

新アジア仏教史3 インドⅢ 仏典から見た仏教世界

4,320円(税込)

メインタイトルのとおり、経・律・論の三蔵からなる仏典に焦点をあてたものです。釈尊の時代から現在にまで伝わるその教えは、八万四千といわれるように膨大なものがあります。成立の時代も、信仰・実践の背景も異なる仏典の内容を分類し、そして簡潔に解説しながら、ブッダの世界に迫ります。また、仏教の開祖釈尊が、後の時代の人にいかに解釈され、受容されていったかをいろんな切り口から明確に叙述します。

編著者プロフィール

奈良康明(なら やすあき)
1929年、千葉県生まれ。駒澤大学名誉教授。1953年、東京大学文学部卒業。1956年、カルカッタ大学留学。1961年、駒澤大学講師、のち助教授、教授。1994年、駒澤大学学長、のち同大学総長。文学博士。前法清寺住職。主著に『仏教と人間』『仏教史Ⅰ―インド・東南アジア』など。

下田正弘(しもだ まさひろ)
1957年、福岡県生まれ。東京大学文学部卒業、同大学院人文科学研究科博士課程単位取得退学。インド・デリー大学大学院留学。博士(文学)(東京大学)。日本学術振興会特別研究員、東京大学文学部助教授を経て、東京大学大学院教授。専攻はインド仏教学。主著に『涅槃経の研究』。


・カラー写真などの図版を収録。ビジュアル的にブッダ釈尊の宗教世界を理解できる
・仏教思想の深まりを平易な言葉で追跡した一冊
・研究成果の粋を凝らした5編のコラム
仏教の開祖釈尊の足跡と教えを知ることができます。そして、釈尊と教えが、後の時代の人にいかに解釈され、受容されていったかをいろんな切り口から明確に叙述しています。

詳しくはこちら

新アジア仏教史4 スリランカ・東南アジア 静と動の仏教

新アジア仏教史4 スリランカ・東南アジア 静と動の仏教

4,320円(税込)

スリランカ及び東南アジアの諸国家ミャンマー(ビルマ)、タイ、カンボジア、ラオスを中心に、また複数の国家にまたがる地域―中国雲南からミャンマー、ラオスとの国境の山地―にも目を向け、生活の中に生きている仏教を詳しく解説します。フィールドワークを重ねた最新の研究成果を盛込み、女性の出家修行者と在家の修行についても現在の様子を詳細に知ることができます。臨場感あふれる写真も多数。

編著者プロフィール

奈良康明(なら やすあき)
1929年、千葉県生まれ。駒澤大学名誉教授。1953年、東京大学文学部卒業。1956年、カルカッタ大学留学。1961年、駒澤大学講師、のち助教授、教授。1994年、駒澤大学学長、のち同大学総長。文学博士。前法清寺住職。主著に『仏教と人間』『仏教史Ⅰ―インド・東南アジア』など。

下田正弘(しもだ まさひろ)
1957年、福岡県生まれ。東京大学文学部卒業、同大学院人文科学研究科博士課程単位取得退学。インド・デリー大学大学院留学。博士(文学)(東京大学)。日本学術振興会特別研究員、東京大学文学部助教授を経て、東京大学大学院教授。専攻はインド仏教学。主著に『涅槃経の研究』。

・上座仏教が同一の経・戒律によりながらも、現実に現れている多様な姿をこの1冊に集約し解説
・写真・地図などの図版を多数収録。ビジュアル的に内容を明示
・「密教と上座仏教」など上座仏教世界の広がりを示す5編のコラム
掘り下げた一冊
仏教が13世紀初頭にインドで消滅したのち、スリランカと東南アジアの人びとは相互に交流することにより仏教断絶の危機を乗り越えてきました。本書では、そうした歴史を押さえたうえで、まさに今生きている仏教を明らかにしています。

詳しくはこちら

新アジア仏教史5 中央アジア 文明・文化の交差点

新アジア仏教史5 中央アジア 文明・文化の交差点

4,320円(税込)

20世紀初頭、ヨーロッパや日本の探検家により幕が開いた中央アジア仏教の歴史。しかし、多民族による歴史と言語と文化をもつこの地ならではの複雑な事情が、仏教研究の大きな前進を阻んできました。現在も中央アジアの各地では積極的な発掘が行なわれており、近年、さまざまな分野の専門家による共同研究が進んだことにより、新たな仏教の歴史が複合的に解明されつつあります。その中央アジア仏教研究の最新の成果を紹介します。
編著者プロフィール

奈良康明(なら やすあき)
1929年、千葉県生まれ。駒澤大学名誉教授。1953年、東京大学文学部卒業。1956年、カルカッタ大学留学。1961年、駒澤大学講師、のち助教授、教授。1994年、駒沢大学学長、のち同大学総長。文学博士。前法清寺住職。主著に『仏教と人間』『仏教史Ⅰ―インド・東南アジア』など。


石井公成(いしい こうせい)1950年、東京都生まれ。早稲田大学第一文学部東洋哲学専攻卒業、同大学院人文科学研究科後期課程単位取得退学。博士(文学・早稲田大学)。駒澤大学仏教学部教授。専攻は、漢字文化圏諸国の仏教と関連する文学・歴史・芸能など。著書に『華厳思想の研究』がある。

・旧版にはなかった中央アジアの仏教を1冊で構成。
・敦煌美術の壁画をオールカラーで詳解。
・近年に発見された新しい中央アジア遺跡の場所なども明記した最新の地図。

近年ニュースで記憶に新しいタリバンによるバーミヤーンの大仏破壊は、仏教遺産の破壊という胸を痛める出来事でしたが、その一方で、大仏からは胎内経が発見され、中央アジア仏教研究を大きく前進させました。中央アジアの各地ではまだまだ紛争が続く地域が多くあったりと、研究者が現地に赴き自由に発掘することが難しい現状が続いています。一日も早くこの地に平和が訪れ、さらなる新しい発見がなされることを願ってやみません。

詳しくはこちら

新アジア仏教史6 中国Ⅰ 南北朝 仏教の東伝と受容

新アジア仏教史6 中国Ⅰ 南北朝 仏教の東伝と受容

4,320円(税込)

中国では、インド伝来の仏教思想を「漢訳」(サンスクリット語から漢語に翻訳する)という形で受容しました。そのことが、日本をはじめ東アジア全域への仏教伝播を可能にしたと言えます。その一方、目まぐるしく交替する歴代王朝においては、皇帝権力と仏法の摩擦、儒教・道教・仏教の三教にまつわる優劣論争が激化しました。伝来から漢訳事業、三教論争の経緯を通じて、中国初期仏教の真実の姿を追います。

編著者プロフィール
沖本克己(おきもと かつみ)
1943年、兵庫県生まれ。東京大学大学院人文科学研究科(印度哲学)博士課程中退。花園大学文学部講師、同教授、副学長を経て、現在は花園大学名誉教授。文学博士。
著書に『禅思想形成史の研究』『大乗仏典11・敦煌Ⅱ』(共著)、『禅の思想とその流れ』『二入四行論』『臨済録』『趙州 飄々と禅を生きた達人の鮮かな風光』『
泥と蓮 白隠禅師を読む』『孤高に生きる 道元』等。
・中国歴代の主要王朝系図、各帝国の勢力と仏教の関係地図など多数の 図版を掲載
・日本でも読まれる漢字のお経はどのように成立したのか。経典誕生の瞬 間が分かる
・鳩摩羅什(くまらじゅう)など主要人物の項目では、出身地や業績を詳しく 紹介
本シリーズ中国編の幕開けに位置する1冊。ユーラシア大陸の交易路を盛んに往来した人びとの熱気がひしひしと伝わってきます。インド伝来の思想が徐々に中国的に変容してゆく様子や、仏教にまつわる数々の国家的大事件も詳しく解説。第1章では中国仏教のプロフィールとも言うべき“通史”を掲載。初歩から中国仏教を知りたい方にオススメです。

詳しくはこちら

新アジア仏教史7 中国Ⅱ 隋唐 興隆・発展する仏教

新アジア仏教史7 中国Ⅱ 隋唐 興隆・発展する仏教

4,320円(税込)

中国の隋唐時代は、シルクロードを経て伝来したインド仏教が中国的変容を遂げ、空前の発展を見せた転換期。禅・浄土・天台・華厳・密教など、今日の私たちが知る“宗派”というものの姿も示されました。皇帝中心の統一国家と仏教の関係、中国独自の教学、民衆に広まった信仰の姿を通じて、中華大帝国の歴史に刻まれた仏教興隆の様子を明らかにします。

編著者プロフィール
沖本克己(おきもと かつみ)
1943年、兵庫県生まれ。東京大学大学院人文科学研究科(印度哲学)博士課程中退。花園大学文学部講師、同教授、副学長を経て、現在は花園大学名誉教授。文学博士。
著書に『禅思想形成史の研究』『大乗仏典11・敦煌Ⅱ』(共著)、『禅の思想とその流れ』『二入四行論』『臨済録』『趙州 飄々と禅を生きた達人の鮮かな風光』『泥と蓮 白隠禅師を読む』『孤高に生きる 道元』等。
・高僧・偉人の伝記から教理解説、民間に伝わる説話まで豊富な話題を図版入りで紹介
・仏教に興味のある人、世界史に興味のある人、どちらのニーズにも応える内容構成
・日本をはじめ東アジア全土に広まった仏教の姿が、この一冊から見えてくる
東アジア各地に広がる仏教思想・文化のほとんどが中国仏教を源流としています。その歴史の中でもとくに華やかな隋唐時代は、日本の遣唐使が往来し、空海や最澄など著名な僧侶が競って留学した時代でもありました。一方、皇帝を中心とする巨大帝国にあって、仏教は常に国家権力との緊張関係を強いられました。ある者は街路で命がけで布教に励み、ある者は山奥に隠れて禅の修行を究める――隋唐時代の仏教を知るほどに、日本仏教をはじめとする東アジアの仏教を、より深く知ることができます。

詳しくはこちら

新アジア仏教史8 中国Ⅲ 宋元明清 中国文化としての仏教

新アジア仏教史8 中国Ⅲ 宋元明清 中国文化としての仏教

4,320円(税込)

宋代以降、仏教は儒教との思想的融合が顕著となり、国家の統制下で命脈を保っていきます。一方、モンゴル族の王朝である元代には、新たにチベット仏教が伝来し、独自の文化を形成しました。ほかにも、貿易を介した日本との交流、現代にまで息づく民間信仰、仏教美術、そして現代中国仏教が抱える問題に至るまで、くわしく紹介します。

編著者プロフィール
沖本克己(おきもと かつみ)
1943年、兵庫県生まれ。東京大学大学院人文科学研究科(印度哲学)博士課程中退。花園大学文学部講師、同教授、副学長を経て、現在は花園大学名誉教授。文学博士。
著書に『禅思想形成史の研究』『大乗仏典11・敦煌Ⅱ』(共著)、『禅の思想とその流れ』『二入四行論』『臨済録』『趙州 飄々と禅を生きた達人の鮮かな風光』『泥と蓮 白隠禅師を読む』『孤高に生きる 道元』等。
・仏教に限定せず、儒教や民間信仰など中国文化をわかりやすく紹介する
・四大霊山の光景や貴重な文化財、儀式の様子など100点以上の図版を掲載
・宋以降の歴代王朝系図をはじめ中国の歴史を解説する情報データを多数収録
仏教が中国文化として定着した宋元明清は、東アジア全域における仏教理解の具体的なスタイルが確立した時代です。これまで情報不足ゆえに語られる機会の少なかった時代の仏教を、本書では激動の王朝交代とともに紹介。チベット仏教の伝来、日中交流、文化大革命の受難、経済発展の現代まで、中国の歴史と表裏一体の関係が丸ごとわかる一冊です。

詳しくはこちら

新アジア仏教史9 チベット 須弥山の仏教世界

新アジア仏教史9 チベット 須弥山の仏教世界

4,320円(税込)

観音菩薩が守護する国・チベットの歴史は、インドの正統な仏教思想を取り入れ、膨大かつ精緻な密教の修行体系を確立する歩みでもあった。また歴代ダライ・ラマの存在は仏教教理に基づく政治外交を成し遂げた。その根本に位置する独自の仏教文化、四大宗派の思想哲学からダライ・ラマ十四世の平和活動に至るまで、チベット仏教の真実を全角度から詳解する。

編著者プロフィール
沖本克己(おきもと かつみ)
1943年、兵庫県生まれ。東京大学大学院人文科学研究科(印度哲学)博士課程中退。花園大学文学部講師、同教授、副学長を経て、現在は花園大学名誉教授。文学博士。
著書に『禅思想形成史の研究』『大乗仏典11・敦煌Ⅱ』(共著)、『禅の思想とその流れ』『二入四行論』『臨済録』『趙州 飄々と禅を生きた達人の鮮かな風光』『泥と蓮 白隠禅師を読む』『孤高に生きる 道元』等。
・チベットの歴史・宗教・文化を網羅した総合入門書
・マンダラなど極彩色の仏画をカラー収録。多彩なビジュアル構成
・ダライ・ラマ十四世の活動をはじめ最新の時事問題もくわしく解説
チベットの仏教思想を中心に多様なテーマを設けている。とくに時事問題では、インドの亡命政府の取り組みをはじめ、欧米における布教活動の様子など最新情報を紹介。世界的にチベットへの注目が寄せられる今、総合入門書として活用できる一冊。

詳しくはこちら

ページトップへ


  • NEW CD朗読版 こころの眼を開く
    会長先生のご著書『こころの眼を開く』を、朗読版としてCD5枚組にまとめました
  • 25754
    『佼成』(2015年1月号~12月号)掲載の「会長法話」を収録。自らの信仰を確立し、自己啓発を図るためのヒントをシリーズ小冊子に
  • 子どもに学ぶ家庭教育 2016
    特集 「遊び」が伸ばす子どもの能力----思いやり、協調性、創造力など、人間として大切なことを子どもは遊びのなかで身につけます
  • 九星氣学・神宮館
    九星別になりました。高島易断所本部編纂の「運勢暦」と、携帯に便利な「九星便」もこちらから
  • お焼香セット
    お焼香関連のお取り扱いをはじめました。ノンスリップ加工の盆で着席のまま香炉を廻すことができます